MENU

内視鏡を使って胆道や膵管に造影剤を注入し、レントゲン写真を撮影する検査をERCP(内視鏡的逆行性胆道膵管造影)と言います。

・肝機能障害などの影響を受けず、胆のう、胆管、膵管の病変を調べることが可能です。

・精度の高い画像を得られるため、病変の早期発見にもつながります。

【ERCPで診断できる疾患】

・胆石症・胆管癌・胆のう癌

・膵炎・膵癌 など

 

ERCP 

関連施設
RELATED FACILITY

 
病院アクセス
HOSPITAL ACCESS MAP