MENU
 光干渉断層計を使用した検査をOCT検査といいます。OCT検査とは網膜の断層画像を撮影、観察する検査のことで、「加齢黄斑変性症」や「黄斑浮腫」、「糖尿病性網膜症」などの診断を行うために実施します。また、眼の奥の視神経線維層の厚さを測定することで、通常の視野検査では分からない早期の「緑内障」を発見することにも有効とされています。

今回、最新の光干渉断層計「RS-3000Lite」を導入し、より正確な診断が行えるようになりました。検査は専用の機械に顎をのせて光を見ていただくだけで、痛みもなく短時間で終了します。

写真RS 3000Lite S 

関連施設
RELATED FACILITY

 
病院アクセス
HOSPITAL ACCESS MAP