《夜間勉強会のご紹介》

こんにちは、宇野病院リハビリテーション部(以下リハ部)です。
本日はリハ部で月に1回外部講師を招いて行っている夜間勉強会についてご紹介します。
 私たちが治療に携わる際、患者様の姿勢や歩き方、日常生活動作を評価・観察し、その姿勢・動作に至った原因を分析し、リハビリプログラムを立て、治療を行います。
 夜間勉強会に向けて、週1回グループで集まり、勉強会に向けた準備をしています。内容としては、リハビリスタッフを患者役に、評価・観察の練習、グループディスカッションによる問題点の抽出、治療プログラムの立案実践です。

《夜間勉強会に向けたグループディスカッションの様子》
DSCN0446

 勉強会当日は、事前にグループで話し合った内容について実技を交えながら講師の先生や他のグループに問題点の抽出、治療プログラムを発表します。評価が適当か、原因を追求したアプローチかなど、多くの助言や指摘を頂ける場となっています。また実際に講師の先生にも治療して頂くことで、知識や技術の向上を図ることができ、とても勉強になります。

《外部講師による熱心な指導場面》
Rihabiri
 技術向上は1日にしてなりません。日々の研鑽を積み重ね、個々の技術向上に繋がるよう
今後もリハビリスタッフ一同頑張って取り組みます。