患者様に合わせた車椅子の選定と調整

こんにちは、宇野病院リハビリテーション部です。

連日、厳しい暑さが続いていますね。
リハビリ室の熱気も高まっており、患者様とともに汗を流す日々を送っています。

現在、わたしたちはアシスト型電動車椅子について勉強し、力を入れています。

多くの方は電動車椅子と聞くと、手元でスティックを動かして操作するものを想像されると思いますが、
アシスト型電動車椅子は、モーターの力を利用しながら自分でタイヤを漕ぐタイプのものです。
この車椅子では、お身体の状態に合わせたアシスト設定が可能で、筋力が弱く坂道が上れない方や、
片麻痺でまっすぐに漕げない方も利用できます。

宇野病院には、この他にも様々な種類の車椅子があります。

DSCN0983

 

 

 

 

 

 

 

(左から、アシスト型電動車椅子、普通型車椅子、リクライニング型車椅子)

 

また、患者様のお身体に合わせた車椅子が提供できるよう、背もたれの角度や座面の高さの調整、クッションの選定を行っています。

DSCN0990

 

 

 

 

 

 

 

車椅子について、分からないことや困っていることなどありましたら、お気軽にご相談ください。