放射線科です!!

今年度から新しく放射線科の一員になりました鈴木です。

当院での放射線技師の業務は、一般撮影、CT検査、MRI検査、マンモグラフィ、骨密度測定、X線TV検査等を行っています。それぞれの特徴について簡単にご紹介します。

一般撮影では目的の部位にX線を照射して検査をします。体には骨や筋肉、内臓などがあり、
各部位のX線の透過率の違いを利用して写真にします。

12

 

 

 

 

 

 

 

CT検査ではX線を360度方向から照射して体の輪切り画像を作ります。
レントゲン写真よりも体内の情報量が多く、コンピュータ処理により
骨の3D画像など、様々な画像を作ることが可能となります。

345

 

 

 

 

 

 

 

MRI検査では磁気と電波を使って検査をします。
X線を用いないので、被曝の心配をせず安心して検査を受けることができます。

67

 

 

 

 

 

 

 

マンモグラフィでは乳腺の重なりを分離し、石灰化や腫瘤を見つけやすくするために
乳房をプラスチックの板で圧迫します。当院では女性技師が必ず行いますので、お気楽にお越し下さい。

8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

骨密度測定ではX線を用いて骨量を測定し、骨の強度を調べることができます。
5分程度寝ているだけで検査できるため、ご年配の方でも負担量が少なく検査を行うことが可能です。
骨折部位の多い腰椎と股関節で測定をしていくため、精度がよく測定できます。

9

 

 

 

 

 

 

 

X線TV検査ではX線を用いて動画でリアルタイムに部位を見ながら検査することができます。
バリウムなどの造影剤を使って検診での胃の検査や、また骨折や脱臼の際に骨を正しい位置に戻す処置でも使用します。

10

 

 

 

 

 

 

 

患者様に寄り添った、質のよい医療を提供できるように頑張りますのでよろしくお願いします。