MENU

海外からの受け入れ

海外からの受け入れ(EPA制度)

EPA(Economic Partnership Agreement=経済連携協定)は、特定の国との間で人材の移動や投資など幅広い分野で経済関係を強化していく取り組みです。医療・介護の業界でも2008年よりEPAに基づき、海外から国家資格の取得を目指す看護師・介護福祉士の候補者受け入れが始まりました。

候補者は各施設で働きながら勉強に励み、在留期間中に国家試験に合格すれば将来に渡り日本での就労が可能となります。これは、労働力不足が顕著な日本の医療・介護業界にとって非常に有用な制度です。

宇野病院での受け入れ合格者実績

当法人においても、2008年度からEPAによる介護福祉士候補者や外国人留学生の受け入れを開始し、その人数は2019年度までに、30人を超えています。また、宇野病院では、2013年度よりフィリピン国籍を中心としたEPA看護師候補者、EPA介護福祉士候補者、留学生を積極的に受け入れしており、働きながら国家試験を目指す仕組み作りにも力を入れています。その結果として今までに看護師国家試験に1名、介護福祉士国家試験に2名、をそれぞれ合格者を出すことができました。また、2019年度より、既にEPAの制度で日本の看護師国家試験に合格したフィリピン人看護師をフィリピンから招き、当院で看護師として働けるような取り組みも積極的に行っています。

充実した教育支援体制と多面的サポート

EPA候補者や留学生が異国の地である日本で安心して働きながら勉学に励めるよう、教育支援体制や私生活の相談サポートまで病院をあげて全職員が取り組んでいます。日本語学校、専門学校への通学や講師招聘、インターネットを活用した専門講座の受講、専任担当者による教育指導、学習室の設置など全面的な教育支援体制を整えています。

また、部署毎の懇親会や病院全体での歓迎会、各種イベントにも参加することができ、職場を離れた場でも親交を深められるよう多くの機会を準備しています。

日本人と同じ大切なパートナーとして…

当院では、日本人、外国人に関係なく、全職員が働きやすい職場づくりを目指しています。文化や習慣こそ違うものの、日本人も外国人も同じ職場で一緒に働く大切なパートナーです。お互いが理解し、協力し合うことにより初めて良質な医療を提供できると考えます。

今後少子高齢化により、日本が抱える問題は多種多様となります。特に医療介護分野を支える労働力は圧倒的に不足することが予想されます。そのような中、心優しく前向きな姿勢の外国人スタッフの存在は、当院にとっても限りなく明るい未来を映し出すものであると信じています。


関連施設FACILITIES

医療法人鉃友会・さくらケアグループ全体でコロナ対策に取り組んでいます

 

病院アクセスACCESS