MENU

回復期リハビリテーション看護師

回復期リハビリテーション看護師

回復期リハビリテーション看護師は、一般社団法人回復期リハビリテーション病棟協会が主催する18日間の研修(回復期リハビリテーション看護師認定コース)を受けることにより認定されます。
患者様やご家族に、質の高い看護を提供し、 個人、集団、組織でのリスクマネジメント、多職種との協働、チームアプローチなど 実践できるよう多岐にわたり学び、習得します。


入院患者様のリハビリをサポートします!

当院には回復期リハビリテーション看護師認定者が在籍しています。病棟において協会が提唱している「10ヵ条」をポケットFIMに入れ、患者様にとって必要な日常生活動作と生活の再構築を目指して退院までチーム一丸となって取り組んでいます。又、摂食嚥下院内認定、移乗移動認定スタッフと一緒に、患者さんの視点で私たちに支援できることを常に考えながら、当院に入院しリハビリが出来てよかったと思っていただけるよう、みんなで頑張っています。


看護・介護 10か条

  1. 食事は食堂やデイルームに誘導し、経口摂取への取り組みを推進しよう
  2. 洗面は洗面所で朝夕、口腔ケアは毎食後実施しよう
  3. 排泄はトイレへ誘導し、オムツは極力使用しないようにしよう
  4. 入浴は週3回以上、必ず浴槽に入れるようにしよう
  5. 日中は普段着で過ごし、更衣は朝夕実施しよう
  6. 二次的合併症を予防し、安全対策を徹底し、可能な限り抑制は止めよう
  7. 他職種と情報の共有化を推進しよう
  8. リハ技術を習得し看護ケアに生かそう
  9. 家族へのケアと介護指導を徹底しよう
  10. 看護計画を頻回に見直しリハ計画に反映しよう

一般社団法人回復期リハビリテーション病棟協会HPより引用


関連施設FACILITIES

医療法人鉃友会・さくらケアグループ全体でコロナ対策に取り組んでいます

 

病院アクセスACCESS