MENU

ボトックス療法(ボツリヌス療法)
~痙縮という後遺症の治療について~

痙縮とは?

痙縮とは、脳卒中、頭部外傷、脊髄疾患などにより、脳や脊髄の機能がうまく働かないため、伸張反射が亢進し、手足の筋の緊張が異常に高まることで、起こる症状の一つです。

痙縮による症状とは?

痙縮よる症状には、手足がつっぱったり、動かしにくかったり、動作中に肘や手足の指が勝手に曲がったりします。時には座っていて何かの拍子に膝や足首がカクカクと動きだしたりすることがあります。結果的に歩きにくい、日常生活での動作が不便、手足の清潔が保てない、時にはつらい痛みに苦しむという方もみえます。

痙縮の治療 全身性と局所性

全身性には抗痙縮薬の内服が簡易であり、よく使用されています。(その他は図参照)局所の治療は、痙縮のない他の筋への脱力や眠気など、全身への副作用が少ないのが利点です。局所治療として比較的長期に効果のある治療に、フェノール注射やボトックス注射があります。

ボツリヌス療法症状対処

期待されるボツリヌス(ボトックス®)治療

ボトックスは、1989年から医薬品と承認され、顔面痙攣 上下肢の痙縮 脳性麻痺の尖足などに利用されるようになり、現在では83ヶ国以上で使用されいます。
日本でも2010年10月から疾患を問わず、上下肢の痙縮への保険適応が承認され、痙縮によるつらい症状の緩和のために、患者さまへ使用可能となりました。重篤な副作用がなく、有害性が低いことも使用しやすい要因です。
脳卒中治療ガイドライン2009でもグレードAにランクされています。
当院では2011年4月から使用しています。

成分 使用方法と使用目的

成分は、ボツリヌス菌がつくるA型毒素です。痙縮した筋に注射することで、痙縮筋の緊張が緩和します。

ボトックスの効果とその期間と再治療

2,3日〜2週間で現れ、3〜4ヶ月持続し、時間経過により効果消失します。
4ヶ月の期間を空ければ ボトックス再注射を行って治療が可能です。
効果は薬の投与量、筋痙縮の程度や筋肉量、選択筋などで筋弛緩効果の程度には、差があります。残念ながら、すべてが治る魔法の薬でありません。

当院でのボトックス痙縮治療の目的と方針

私たちは、少しでも患者さまの日常生活活動の改善につながるように、計画をたてて、目標とする筋を選んだ上で治療に望んでいます。
痙縮による筋緊張を軽減させることで様々な可能性ができます。

動きの改善

筋緊張を軽減により、歩行時に引っかかりにくくなったり、立ち上がる時に地面につかなかった踵がつき、地面を踏みしめて立位が安定する例もあります。

介護の軽減

拘縮や筋短縮の予防や軽減、褥そうの予防、脇や陰部や手指の清潔を保つことも介護の軽減となります。

痙縮軽減 機能回復への試み

痙縮のために邪魔されてできなかった拮抗筋への刺激や、治療導入の可能性もその一つです。
リハビリとボトックス治療は、並行して行う事で、さらに効果を上げると言われています。
ボトックス後、痙縮が和らいだからできる効果的な機能回復や痙縮軽減習得のためのリハビリや、さらに自ら習得してもらえる自宅での訓練も含めて、リハビリ内容を吟味していきたいと思います。

ボツリヌス療法外来手順
ボツリヌス療法外来コースと入院コース

アーカイブ

関連施設FACILITIES

医療法人鉃友会・さくらケアグループ全体でコロナ対策に取り組んでいます

 

病院アクセスACCESS