MENU

乳房エコー

40歳代からピークを迎える乳がん
若年層に有用な乳房エコー
 

年齢別にみた女性の乳がんの罹患率(りかんりつ)は30歳代から増加しはじめ、40歳代後半から50歳代前半にピークを迎えます。
また、女性が生涯で乳がんに罹患する確率は9%(11人に1人)といわれています。(2012年データに基づく。)
乳がんは、早期に発見することでほとんど治癒が可能な疾患でもあります

breast echo01
 
乳房エコーの特徴
乳房エコーの特徴
●痛みがない
●放射線被爆がない為、妊娠中でも検査可能
●若年層の高濃度乳房でも検出しやすい
●のう胞や線維腺腫など、良性の腫瘤の診断に優れている
下記のような方に乳房エコーはお勧めです!
●40歳未満の女性
●40歳代の女性はマンモグラフィとの併用
●マンモグラフィで高濃度乳房と言われた方
●妊娠中や、授乳中、生理中の方
  
当院の特徴(健診)
当日、追加検査が可能。
乳房エコー検査は検査を行う医師あるいは技師の検査能力に大きく依存することがあげられますが、当院では乳腺科医師、もしくは乳房超音波講習を受講した認定取得技師による検査を行っています。
検査料金(税別) \3,000

アーカイブ

関連施設FACILITIES

医療法人鉃友会・さくらケアグループ全体でコロナ対策に取り組んでいます

 

病院アクセスACCESS