MENU

優しい職場環境の実現
医療職場環境デザインへの取り組み

優しい職場環境の実現 医療職場環境デザインへの取り組み

”働きたい”と思える
理想の職場づくりを目指して

整理整頓することで、日頃の業務の効率化だけでなく事故の軽減、感染対策にもつながるだろうと意識を高く持っていましたが、いざ病院内の環境を整えようと思うと、職員は 日々の仕事に追われ、なかなか時間が取れないというのが現状でした。

そこで、幸せ収納デザイン株式会社の職場環境デザインを取り入れ、プロジェクトとして、大規模な職場環境整備に乗り出しました。専門家とタッグを組むことで確実な成果が出てきていると実感しています。

当然ながら、効率化や業務改善というのは目指すところですが、整理整頓することで日々の仕事がしやすくなる、見た目にも美しくなるということは居心地がよくなるということです。職員の居心地の良さは患者様のサービスにもつながっていきます。

また、このような職場で働きたいと思える職場を実現することは、職員たちのやる気につながり誇りになっていきます。当院では、理想の職場を実現する挑戦を続けています。

医療法人鉃友会理事長 宇野 甲矢人

医療法人鉃友会理事長 宇野 甲矢人 医療法人鉃友会理事長 宇野 甲矢人

ICT化プロジェクト

近年、各省庁より医療ICT化の方針が打ち出され、電子カルテはじめ、電子署名、PHR、遠隔診療等、医療機関にも次世代の診療の形が求められています。
当院では、ICT化を推進することにより、医療従事者一人当たりの作業量を減らし、さらに多くの患者様への対応ができると考えております。
現在、取り組みを進めている環境整備の一環として院内の文書整理がされたことで、ペーパーレスが現実的なものとなりました。文書削減により病院運営をサポートする事務部門においてはフリーアドレスを実施することが可能になりました。このように地道な情報整理、環境整備を基本とし、ICT化を推し進め、職員がより働きやすい職場の実現、そして患者様、地域に必要とされる質の高い医療を提供していきます。

プロジェクト協力幸せ収納デザイン株式会社
https://shiawase-shuno.co.jp/

全ての人にとって
優しい医療現場を

整理整頓された職場環境が効率的で気持ちよく働けることは誰もが理解していることだと思います。それは、医療機関であればなおさらです。しかし、毎日過ごす職場では多少不便を感じ、非効率な動きをして自分自身に負担がかかっていたとしても、それが当たり前になり気づかなくなってしまいます。

職場環境デザインは、必要なものを必要な場所に配置し、動線の改善、業務の改善へとつなげています。 同じチームで働く仲間や、これから入職する職員さまにも優しい職場環境を用意します。そして、職場環境デザインによる効率化で生まれたゆとりは、最終的には患者さんへと還元されていくと信じています。

職場環境デザインプロジェクトを通じて、次世代へ繋がる働きやすい職場環境づくりへの貢献を目指します。

プロジェクト協力
幸せ収納デザイン株式会社
https://shiawase-shuno.co.jp/

関連施設FACILITIES

医療法人鉃友会・さくらケアグループ全体でコロナ対策に取り組んでいます

 

病院アクセスACCESS