MENU

紫外線治療

紫外線治療とは

過剰反応を起こした皮膚(アトピー性皮膚炎、乾癬など)に紫外線を照射する治療方法です。紫外線の免疫抑制作用によって皮膚を鎮静化させます。塗薬のみでは対応が難しい方に特に有効です。

皮膚科
村中医療器株式会社製
OR-100-100B

ナローバンドUVB紫外線治療装置!!

本装置は、治療効果のある波長の紫外線であるナローバンドUVB(波長308~313nm)を照射することにより治療を行います。 有害な紫外線がカットされており、従来のPUVA療法より副作用を軽減して治療が行えます。


適応疾患

塗薬での治療に時間のかかる以下の皮膚疾患に有効です。
・乾癬(かんせん)
・アトピー性皮膚炎の結節性痒疹(けっせつせいようしん)
・掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)
・尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)


関連施設FACILITIES

医療法人鉃友会・さくらケアグループ全体でコロナ対策に取り組んでいます

 

病院アクセスACCESS

Google Map