MENU

医療法人鉃友会の沿革

昭和36年4月現在地に宇野外科医院(19床)開設 初代院長宇野鉃次就任
昭和44年12月宇野病院88床となる
昭和56年6月100床に増床
昭和58年10月105床に増床
平成5年4月110床に増床
7月訪問診療開始
平成6年4月三代目院長 松尾尚史就任
11月115床に増床
平成10年9月老人保健施設さくらの里開設 定員数:入所74名、通所26名
10月訪問看護ステーションさくらの里開設
平成12年4月さくらの里居宅介護支援事業所・ヘルパーステーションさくらの里 開設
平成13年1月ヘルパーステーションさくらの里・問看護ステーションさくらの里・さくらの里居宅介護支援事業所 ISO9001:2000認証取得
平成13年4月政府管掌保険生活習慣病予防検診実施機関指定
平成14年7月病院機能評価 Ver.3.1取得
11月回復期リハビリテーション病棟開設
平成15年10月健診センターフォレスト開設
平成15年11月ヘルパーステーションさくらの里・訪問看護ステーションさくらの里・さくらの里居宅介護支援事業所 ISO9001:2000認証取得ISO9001:2000認証再更新
12月老人保健施設さくらの里増床 入所定員:70名→124名 通所定員:48名→80名
平成16年1月電子カルテ本稼働
6月第二老人保健施設さくら大樹開設 入所70名 通所40名
7月総合リハビリテーション施設Ⅱ(B) 取得
平成17年5月日本リハビリテーション医学会認定施設取得
平成18年1月老人保健施設さくら大樹ISO取得
6月人間ドック学会健診機能評価取得
7月プライバシーマーク認証取得
老健システムと電子カルテシステムの連携
平成19年2月回復期リハビリテーション病棟AAA評価(日本経済新聞社調査)
4月訪問リハビリテーション事業所開始
8月宇野病診連携システム稼働
病院機能評価Ver.5.0取得
平成20年4月さくら大樹98床に増床
11月プライバシーマーク更新認定取得(法人としての認定)
平成21年11月さくらの里・さくら大樹 ISO9001:2008認証取得
平成22年10月新リハビリテーション病棟55床開設(125床に増床)
平成23年4月旧棟耐震構造改造による増床(140床に増床)
放射線検査エリアの集中化及び健診センターの拡充
人間ドック学会健診機能評価更新
平成24年4月センター棟開設(161床に増床)
10月旧棟耐震構造改造による全棟フルオープン(175床に増床)
※アートカフェの新設及び事務エリアの統合を含む
平成25年10月託児所「きっずはうすTanpopo」新築オープン
平成26年7月180床に増床
平成26年12月180床に増床
平成27年5月社会福祉法人 特別養護老人施設さくらレジデンス開設
平成28年4月さくらの里地域包括支援センター開設
平成30年12月センター棟の療養病棟を地域包括ケア病棟に変更(30床)
平成31年4月託児所「ぽぽらす」オープン
令和2年2月センター棟の地域包括ケア病棟を回復期リハビリ病棟に変更(30床)
病棟名を「第2病棟」から「第2リハビリテーション病棟」へ変更
センター棟の一般病床4床を地域包括ケア病床に変更(一般病床 56床、地域包括ケア病床 4床)
6月センター棟の一般病床4床を地域包括ケア病床に変更(一般病床 52床、地域包括ケア病床 8床)

関連施設FACILITIES

医療法人鉃友会・さくらケアグループ全体でコロナ対策に取り組んでいます

 

病院アクセスACCESS