MENU

PNS(パートナーシップナーシングシステム)

当院は2015年に「PNS(パートナーシップナーシングシステム)」を導入し5年が経過します。PNSとは、看護師が安全で質の高い看護を共に提供することを目的に、2人の看護師が良きパートナーとして、対等な立場でお互いに特性を生かし、協力し合う看護方式です。

毎日の看護・ケアを始め、委員会活動、病棟内の係の仕事に至るまで、1年を通じパートナーとして,その成果と責任を共有します。

日々の看護は2人(ペア)で情報共有しケア計画を実施しながら行った看護はどうだったか振り返りを行ない成長に繋げています。新入職員からは「ペアで動くことで、困った時はすぐに聞ける体制があり安心。一緒に先輩と行動することが多く、知識や技術の習得がしやすく、勉強になると」と聞いています。

常に患者様目線に立ち安全な医療を提供していきます。



  • ペアで患者様の状態を観察

  • ペアで褥瘡予防やポジショニングを実施

  • グループ全員で安全と時間管理を意識した残務調整

関連施設FACILITIES

医療法人鉃友会・さくらケアグループ全体でコロナ対策に取り組んでいます

 

病院アクセスACCESS