MENU

2020年度のインフルエンザ予防接種(ワクチン)は終了しました。




【Q&A】

Q.効果的な接種時期は?

A.従来の季節性インフルエンザの国内流行期が通常12月末から翌年3月頃ですので
これに備えて少なくとも12月中旬までには接種が終了していることが望ましいです。

Q.ワクチン接種後の免疫の持続は、どのくらい続くの?

A.大きく個人差がありますが、接種1~2週後に抗体が上昇し始め、3~4か月後には徐々に
低下傾向を示します。したがって、接種後2週から5か月程度と考えられています。

Q.インフルエンザワクチン接種後に、他のワクチンを接種したいのですが影響ありますか?

A.インフルエンザワクチン接種後に間隔をあける必要はありません。
しかし、副反応が起きていないか確認をして接種するのが望ましいです。
接種後に他のワクチンを接種する際には、必ず医師へインフルエンザワクチンを接種した日付を伝えてください。


アーカイブ

関連施設FACILITIES

医療法人鉃友会・さくらケアグループ全体でコロナ対策に取り組んでいます

 

病院アクセスACCESS