MENU

乳腺疾患

こんな症状の方は受診しましょう!

「もしかすると乳がんなのではないか・・・」と心配になる方は多いと思います。

  • 胸のしこりや痛みに気付いたとき
  • 普段とは違った違和感(痛みやしびれ等)があるとき

胸には乳がん以外にも様々な疾患があります。一部ではありますがご紹介します。

乳腺科

乳がん

乳腺(乳管や小葉)の細胞ががん化し、異常に増殖することによってできる悪性腫瘍です。 乳がんの90%は、乳管と呼ばれる細胞からできる「乳管がん」です。 小葉から発生する乳がんも5~10%あり、「小葉がん」と呼ばれます。
乳がんは日本人女性のがんの中でいちばん多く、 年齢でみると30代から罹患(りかん)率が増加しはじめ40~50代くらいでピークを迎えます。 乳がんは小さいうちは発見が難しいこともあるため、 気になる症状がなくても定期的な乳がん検診をおすすめします。


両性葉状腫瘍

良性の腫瘍であっても大きくなると胸が変形してしまうこともあるため治療が必要です。 治療は手術による腫瘤の切除が基本となります。
また症状がよく似た疾患もあるため鑑別が難しいこともあります。

石灰化

カルシウムが沈着することによって起きる症状です。 マンモグラフィによって見つけることができ、乳がんの病巣にも石灰化ができることがあるため乳がん検診の大事な指標となります。 ただしすべての石灰化ががんと関係あるわけではなく、良性の石灰化であれば治療の必要性は低いです。

乳腺炎

乳腺に炎症や細菌感染を起こし赤く腫れることや、痛みや熱をもつ症状がみられます。 授乳期におこることで知られていますが授乳とは関係なくおこる場合もあります。 「うっ滞性乳腺炎」は乳房マッサージなどで溜まった乳汁を出すことで改善することもありますが、 「化膿性乳腺炎」は抗生物質や消炎剤で治療します。 状態によっては皮膚切開が必要になるケースもあります。


関連施設FACILITIES

医療法人鉃友会・さくらケアグループ全体でコロナ対策に取り組んでいます

 

病院アクセスACCESS