MENU

職員の声

看護師 ケアワーカー 理学療法士 作業療法士 薬剤師 放射線技師 臨床検査技師 管理栄養士 社会福祉士 医療事務 保育士

看護師(一般病棟)
2019年入職

新卒で入職し、3年目になりました。看護学校で苦労した経験があり、入職当初は仕事のペースについていけるか不安がありました。しかし、自分のペースに合わせて看護技術や患者様との関わり方を教えてもらうことができ、少しずつ仕事に慣れることができました。夜勤開始までも半年ほどの猶予期間をもらい、夜勤が始まってからも先輩看護師や介護職の方々がフォローしてくださった為、安心して仕事ができました。
また、看護師として急性期医療を学びたいと面談で相談したところ、異動の提案があり、数ヶ月後には一般病棟へ異動し、新たな学びを得ることもできました。
まだまだ未熟ですが、医療従事者の1人として地域医療に貢献できるよう頑張っていきたいと思います。

看護師(一般病棟)
2019年入職

新卒で入職し、看護師としてわからないことが多く毎日不安ばかりでしたが、気軽に相談できる環境で、私のゆっくりとした性格も理解され、私のペースに合わせて分かりやすく教えてもらうことができました。それにより少しずつ病棟での仕事も慣れ、楽しく仕事を続けられています。
病棟業務は初めての経験もあり大変なことも多くありますが、患者様との関わりの中でも学ぶことがたくさんあり、看護師としてだけではなく人としても成長することができ、やりがいを感じています。
まだまだ未熟で学ぶことが多い毎日ですが、患者様やご家族の思いを看護に活かせるよう日々努力していきたいと思います。

看護師(回復期リハビリ病棟)
2013年入職

回復期リハビリ病棟で働きたいと思い、この職場を選び8年が経ちました。子供が1人いる状況で入職し、現在3人の子持ちとなりました。当初、仕事と家庭の両立が出来るか不安でしたが、1年間の育児休暇後復職し、時短勤務やライフスタイルに応じた多様な勤務を選択でき、無理なく働ける環境を作ってもらってます。
また、子供の急な病気などの休みにも対応してもらえており、子育て職員にはあたたかい環境だと思います。職場には同世代のママさんナースも多く、仕事以外での相談事もできて充実した毎日を過ごせています。
このようなあたたかい環境の中、他のスタッフとも楽しく交流を持つことができ、私にとって大変恵まれた職場だと感じながら、日々患者様と向き合い、頑張っています。

介護福祉士 副主任(一般病棟)
2010年入職

平成22年に入職し、現在介護副主任の役割を任され働いてます。入職時は、未経験でわからない事や不安な事が沢山ありましたが、先輩・上司に丁寧に教えてもらいステップアップする事ができました。当院は、ラダーレベルの教育があり、目標を持って取り組み学ぶことができます。そのおかげもあり4年後に入職時の目標でもあった介護福祉士に合格することもできました。
新しい事への取り組みとして、患者様、スタッフに負担の少ない介助方法であるノーリフティングの推進、QC活動でのオムツマイスターの導入に参加でき、大変でもありましたが、とてもやり甲斐があり、自分自身の成長に繋がったと思います。
今後も、患者様に信頼され満足して頂ける良質な介護サービスを提供していけるように、新しい事へのチャレンジを続けて行きたいと思います。

介護福祉士(療養病棟)
2015年入職

私は、現在療養病棟で働いています。フィリピンから日本に来て、もうすぐ6年になります。日本に来た頃、話せる言葉は「はい」「いいえ」くらいで、言葉の壁を大きく感じ困った事や不安でいっぱいでした。説明に困ると「大丈夫」と答えて済ませていたことを覚えています。その後、仕事を頑張りながら日本語や介護福祉士の勉強に取組み、2020年に介護福祉士に合格することができました。
現在は、患者様やスタッフとも日本語でコミュニケーションをとれるようになってきました。まだ、完璧に話せるとは言えませんが、周りの方々の支えもあり、自信がもてるようになりました。間違えても「もう一度トライしてみて」と励まされ、あきらめず仕事ができています。病棟では、スタッフと協力して一緒に笑って働くことができ、毎日忙しくて大変でも仕事が楽しいです。患者さんの笑顔や「ありがとう」の言葉で、心が癒されてやりがいを感じています。
今後、准看護師の資格を取りたいと思っています。フィリピンの家族と離れていても、次の目標を見失わず、必ず達成したいと思っています。

ケアワーカー(回復期リハビリ病棟)
2021年入職

今年3月に高校を卒業し、初めての社会人として働いています。4月の入職時は、不安と緊張、少しの期待感を持って毎日過ごしていました。それでも、新人研修を通して、知識を身につけることで、少しずつ不安が解消されました。
半年が過ぎ、仕事にも慣れ、患者さんとのコミュニケーションもとれるようになりました。いろいろな患者様がいらっしゃる中で、看護師や介護職の方と協力して、患者様が安全・安心な入院生活が送れるように考え、仕事に取り組んでいます。
今後も、自分が成長するために、初心の気持ちを忘れることなく、頑張って行きたいと思います。

理学療法士 
2015年入職

第1子を出産後、1年間の育休を取得しました。仕事と子育ての両立には不安がありましたが、時短勤務制度を活用し、周囲の方々のサポートをいただきながら、仕事を続けることができています。周りには子育てをしながら働いているスタッフも多く、情報交換をしながら日々楽しく働いています。
子供は病院に併設されている託児所を利用しています。同世代の友達と遊ぶことで、家では得られない刺激を受けることができ、毎日楽しく通っています。土曜・祝日も開所しているので、勤務調整もしやすく助かっています。
産休・育休を経て職場復帰することで、仕事の楽しさや充実感をより強く感じるようになりました。
今後も家庭の状況により勤務体制が変わることもあると思いますが、継続して働いていきたいと思っています。

作業療法士 
2020年入職

入職当時は専門学校で学んだ知識を応用することが難しく、悩む日々が続いていました。分からない事ばかりでしたが、プリセプターや先輩方の親身な指導と臨床を経験する事で、成長できたと感じています。リハビリテーション部の強みは話しやすい環境が作られていることだと思います。迷うことはありますが、すぐに悩みを相談でき、より的確なアプローチができるようになっています。
リハビリを通して、患者様のできる事が増えたときは一緒に喜びを感じる事ができ、この仕事を選んでよかったと心から思いました。限られた時間の中で、患者様のより良い生活のため、患者様に寄り添いながら、また自分自身が少しでも成長できるように研鑚を積み重ねていきたいと思います。

薬剤師 
2021年入職

2021年4月に新卒で入職しました。入職後しばらくは、職場のスピード感のある雰囲気に圧倒される毎日で、自分はついていけるのだろうかと不安になることもありましたが、先輩方に丁寧に指導していただき、日々やりがいをもって業務を行うことができています。
また、早期から病棟業務に携わることができ、ベッドサイドでの患者指導、医師との回診同行、ミキシング、持参薬鑑別等の多岐に渡る業務を行っています。様々な経験ができ、成長できる職場だと思います。
これからも患者様だけでなく、医療従事者の方からも信頼される薬剤師を目指して頑張っていきたいと思います。

放射線技師 
2019年入職

他の健診施設で4年ほど勤務し、その後2019年に宇野病院に入職しました。当院は、外来や入院診療だけでなく、オペ室や健診センターもあります。病院での勤務経験がないため最初は不安でしたが、先輩たちの丁寧な指導もあり、前職での経験を活かしながら様々なモダリティーについて学ぶことができています。
これからも患者様が安心して検査を受けられる環境と信頼される放射線技師を目指して日々努力していきたいと思います。

臨床検査技師 
2021年入職

私は新卒で宇野病院に入職しました。まだまだ慣れないことは多いですが、検査科の先輩方に教えて頂きながら日々頑張っています。当院は、検体検査・生理検査の部門が分かれていないため、幅広い業務を学べ、様々な経験を積むことができます。
まだまだ、患者様や他職種・諸先輩たちから学ぶことはたくさんあると思いますが、多くの技術や知識を身につけて、スキルアップを目指します。そして、技師として、まごころのこもった対応に努め、患者様が安心できる医療を提供して参りたいと思います。

管理栄養士 
2020年入職

2020年4月に入職し、1年半が経ちました。栄養管理・指導経験が無く、不安を抱えての入職でしたが、栄養士の先輩たちが手厚く指導して下さり、徐々に自信を持って仕事が出来るようになりました。気軽に相談できる優しい先輩方に恵まれ、毎日楽しく仕事が出来ています。
今後、病院の管理栄養士に求められる医療上の役割はますます大きくなり、活躍の場も広がってくると思われます。患者様個々の生活背景やニーズに沿った指導が出来ることはもちろんのこと、専門的知識を身に付け、幅広い支援が出来るよう、日々精進していきたいと思います。

社会福祉士 
2020年入職

現在、回復期リハビリ病棟を担当し入退院支援業務を行っています。今まで回復期病棟での経験がなく、入職時には疾患知識も不十分で不安も多くありました。けれども、実際に入職してみると社会福祉士の先輩達はとても話しやすく、その都度相談や事例検討も行なえ、タイムリーに問題解決できる環境だと感じています。また、病棟スタッフや他職種、そして関連施設の方々とも連携がとりやすく、多くの方から学びをいただきながら退院支援に携わっています。その他、研修や施設見学などへの参加により、三河地域の社会資源を積極的に知る機会ができ、より具体的にご家族様に情報提供ができるようになりました。
これからも、地域に密着した宇野病院で幅広い知識を身につけ、患者様・ご家族様の意向に寄り添った支援ができるように努めていきたいと思います。

診療情報管理士(医療事務)
2021年入職

2021年4月、社会人、医療従事者として働くことに対してとても不安な気持ちで入職しましたが、職場では多職種のスタッフの皆さんにサポートしていただき7か月が経ちました。医療系の大学で知識を得てきたものの、コロナ禍の医療現場は想像以上に大変なもので、心が折れそうになったこともあります。しかし、そのような中でも先輩たちが声をかけてくれ、その気遣いや温かい言葉に何度も救われました。患者様からの質問に対して受け答えができていると、先輩たちからほめてもらえるようになり、不安な気持ちが自信に変わりました。また、患者様からの感謝の言葉が自分の活力に変わり、早く一人前に仕事ができるようになりたいという気持ちを持つことに繋がっています。
今後も、先輩や周りのスタッフの方から多くのことを学び、忙しい中でも笑顔を忘れず、患者様に寄り添える医療従事者を目指して頑張っていきたいと思います。

保育士 
2020年入職

宇野病院の院内託児所「たんぽぽ」に入職して2年余りが過ぎました。はじめは新しい職場ということもあり不安もありましたが、先輩保育士の皆さんが、笑顔で優しく指導してくださり次第に緊張も解け、安心して働くことができるようになりました。託児所は明るく、アットホームな雰囲気で、笑顔に溢れています。また、子供たちからは毎日たくさんの元気やパワーをもらっています。
保育士同士、子供の相談や可愛いいエピソードを共有しながら成長を楽しく見守っています。子供一人一人の「できた!」という喜びや成長を、いつも近くで共感できることが、何よりも嬉しく、やりがいのある仕事だと思います。また、病院の職員でもある保護者の方ともお子様のたくさんの成長を一緒に喜んで頂くことができる仕事であり、日々充実した時間を過ごしています。今後も病院職員の皆さんが安心してお子様を預けて働くことができるように、安心安全を第一に考えて、保育に努めていきたいと思います。

関連施設FACILITIES

医療法人鉃友会・さくらケアグループ全体でコロナ対策に取り組んでいます

 

病院アクセスACCESS

Google Map