MENU

B型・C型慢性肝炎
内服での除菌治療が始まっています!!

B型:核酸アナログ製剤治療(内服)
 この薬は、B型肝炎ウイルスの複製を阻害することで、ウイルスの増殖を抑えます。治療効果は高く、副作用が少ない治療です。直接薬の力でHBVの増殖を抑えて肝炎を沈静化させます。薬を飲んでいる間はHBVのウイルス量は低下し、肝炎は起こりません。肝硬変で常時腹水がたまっている患者さんが、核酸アナログ製剤の長期投与で肝機能が改善し腹水が消失することもしばしばあります。
C型:肝炎経口新薬(インターフェロンフリー内服治療)
 Ⅰ型:C型肝炎の新しい薬の名前は、ダクラタスビル塩酸塩(商品名ダクルインザ錠60mg)、アスナプレビル(商品名スンベプラカプセル100mg)といいます。
 ダクルインザ錠を1日1回、スンナプラカプセルを1日2回、計24週間(約6か月)飲むだけで終了です。インターフェロンの注射に比べれば本当に簡単です。
9月からハーボニーを新しく追加されます。12週 副作用が少なく体に負担が減りました。
 Ⅱ型:ソバルディは、リバビリンとの併用により、ウイルス血症を改善するC型慢性肝炎治療薬。既存のインターフェロンを含む3剤併用療法が24週投与だったのに対し、12週の投与により、初めてインターフェロンを必要とせず、経口薬のみでC型慢性肝炎の治療が可能となる。
肝硬変やガンになる前に除菌治療
肝硬変代償期・・・食事療法
肝硬変非代償期・・・食事療法を基本に分岐鎖アミノ酸製剤の服用
〇「腹水」がある場合・・・塩分を制限し、薬の投与やアルブミンの点滴をする。
〇「食道静脈瘤」がある場合・・・内視鏡による結紮療法、硬化療法など
〇「肝性脳症」がある場合・・・緩下薬で排便を促し、アンモニアの吸収を低下
               させ、特殊アミノ酸製剤バランスを整える。
 
hepatitis
 

アーカイブ

関連施設FACILITIES

医療法人鉃友会・さくらケアグループ全体でコロナ対策に取り組んでいます

 

病院アクセスACCESS