MENU

部分負荷トレッドミル歩行訓練

病気やけがにより、ご自身の体重を支えて歩くことができない方のためのリハビリテーションです。歩行動作ができるように、身体にかかる体重を免荷装置により減らして歩行訓練を行ないます。

対象の患者さん

以下の症状でお困りの方が対象です。
・脳卒中(脳血管疾患)による麻痺
・脊髄疾患による麻痺
・下肢骨折による荷重制限
・下肢切断による義足適用  など

トレッドミルとは

トレッドミルは、流れるベルトの上を歩行するリハビリテーション機器です。 スピードを調整しながら歩行することができるので、患者さまの能力に合わせた歩行練習を行うことができます。

トレッドミル

部分負荷トレッドミル歩行訓練(Body Weight Supported Treadmill Training : BWSTT)

免荷装置のハーネスを患者さんに装着いただき、お身体をつり上げます。つり上げた分、患者さんご自身にかかる体重を免荷装置がお支えします。転倒の危険が少なく安心して歩行訓練を行えます。

さらに理学療法士が介助しながら、免荷量と歩行スピードを適切に調整します。効率的な歩行訓練を行うことができます。

リハビリテーション科 院内掲示物
BWSTT前方BWSTT後方

アーカイブ

関連施設FACILITIES

医療法人鉃友会・さくらケアグループ全体でコロナ対策に取り組んでいます

 

病院アクセスACCESS